アライグマの生態|アライグマ駆除ザウルス長野版

アライグマの生態

アライグマの生態 アライグマの生態

アライグマ

種類 アライグマ(食肉目アライグマ科アライグマ属)
体長 50~80cm(太ったネコ程度)
体重 3~6kg
寿命 約10年
交尾期 12~3月(繁殖力旺盛)
妊娠期間 63日
産仔数 3~4頭
食性 雑食(果実、小動物、昆虫など)
行動 夜行性

アライグマの特徴

  • 学習能力が高く、手先が器用
  • 成獣になると凶暴になる(特に出産期)
  • 冬眠はしない
  • 容姿や生息環境はタヌキとよく似ているので要注意
  • シッポに黒色の輪の模様がある(タヌキは輪がなく、先がほぼ黒い)
  • 指の数は5本ネコは4本なので、足跡の指の本数で判断が可能)
  • 木登りが得意
  • 排泄は一定の場所にする「タメ糞」と呼ばれる習性がある
アライグマの特徴 アライグマの特徴 アライグマの特徴

スタッフブログ更新中

  • 駆除ザウルスチャンネル
  • 害虫獣対策卸問屋ユナテック
  • 採用情報
  • メディア取材・講演依頼の方はこちら
  • メール

▲ページトップ