アライグマによる被害|アライグマ駆除ザウルス長野版

アライグマによる被害

家屋に侵入

アライグマは漢字で“洗熊”と表記することができるように、モノを洗うような仕草をする可愛らしい動物ですが、この数年、害獣として問題となってきています。
長野県でも被害が急増中で、特に長野市、松本市、飯田市からのお問い合わせが目立つようになりました。アライグマは木登りが得意で立体的に行動できるため、住宅の屋根の上に登ることができます。
そして器用な手先で建物を部分的に壊したり、隙間を広げたりして、住宅の天井裏に侵入するのです。基本的に夜行性なので、侵入されると夜間の騒音で眠れなくなったり、また糞尿によって、臭いや衛生面での問題を引き起こしたりします。天井裏に断熱材が入っているとアライグマが巣をつくり、そこで出産されてしまうことも少なくありません。またアライグマは成獣になると性格がとても狂暴になるため、犬や猫などが襲われる可能性もあります。

屋根の隙間を破壊して侵入屋根の隙間を破壊して侵入
屋根の隙間を破壊して侵入
天井裏に排泄したフン天井裏に排泄したフン
天井裏に排泄したフン
荒らされた断熱材荒らされた断熱材
荒らされた断熱材
糞尿の染み(天井)糞尿の染み(天井)
糞尿の染み(天井)
かじられた天井裏かじられた天井裏
かじられた天井裏

 
軒先の中で音がする
1.軒先の中で音がする
開口し、覗いてみると…
2.開口し、覗いてみると…
アライグマの幼獣発見!
3.アライグマの幼獣発見!

ノミ・ダニの発生

ノミ・ダニの発生 ノミ・ダニの発生

野生のアライグマの多くには、ダニやノミが寄生しています。天井裏に侵入された場合、その寄生しているダニ・ノミが、ばら撒かれることになります。
特にアライグマが断熱材に巣を作った場合、よりダニやノミが繁殖することになり、それらが天井の隙間(洋室の照明の電源コードは天井に穴を開け、屋根裏に配線されています。また和室の天井には屋根裏に通じる隙間があることが多くあります。)から室内に落ちてきます。
ダニやノミは吸血被害を及ぼし、特に肌の柔らかい子供や女性がより多く刺される傾向にあります。ダニ・ノミの糞や死骸、脱皮した抜け殻を人が吸い込んでしまった場合、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの原因となります。特に子供は抵抗力が大人に比べて弱いため、アレルギー性疾患を発症するリスクが高いため、十分注意が必要です。

スタッフブログ更新中

  • 駆除ザウルスチャンネル
  • 害虫獣対策卸問屋ユナテック
  • 採用情報
  • メディア取材・講演依頼の方はこちら
  • メール

▲ページトップ